風と空と暮らし

日常の些細なことを記録していきます。

一人暮らしにプロジェクターという選択肢

最近の若い人はテレビを見ない…わけじゃない?

若者のテレビ離れが叫ばれて久しいけれど、若者はテレビが嫌いになったわけじゃなくて、自分の見たいものを様々な選択肢から選んで見られるYoutubeNetflixを好きになっただけだと思う。

そして、そういったオンラインで配信される動画コンテンツをテレビのサイズで見たいと思う人はとても多いと思う。

一人暮らしをする人は大画面でYoutubeNetflixを楽しみたいな…と思った時テレビや液晶モニターを買うのではないだろうか。あるいは既に家にあるそういった映像機器にChromecastやFire TV Stickなんかをつけて楽しむかもしれない。

スマートフォン、あるいはパソコンで見る人もかなり多いかとは思うけれど、やはりテレビサイズで見る人もまだまだいると思っている。

テレビの代わりにプロジェクターはどうですか?

大画面で動画コンテンツを楽しみたい!!と思った時、多くの人は大画面のテレビやモニターを買うかもしれない。最近は4K解像度、50インチのモニターが4〜5万円台で手に入ってしまう時代ではあるし。

ただ、実はプロジェクターという選択肢もかなり良い。

自分はプロジェクター歴2年ぐらいで、安いプロジェクターしか使ってないので本格的な映画好きの人とかみたいに語れる立場ではないけれど、一人暮らしの人には意外とプロジェクターが合ってるんじゃないかと思い始めた。

プロジェクターのメリット

  • 意外と安上がりに済む

モノを選べば意外と安上がりに済む。それこそ1万円以下とか。

プロジェクターの画質とか、音響とかに拘れば上は計り知れないけど大画面で見たいってだけなら凄く安く済む。

  • 省スペース

テレビと違ってプロジェクターは凄く小さい。100インチクラスを投影できるものであってもボックスティッシュぐらいの大きさ。(これもモノによるけれど)

部屋の中でテレビって実はすごい存在感で、これがないだけでも凄く部屋が広く感じる。

  • 画面の大きさの調整が可能

設置位置を変えることで20インチから100インチぐらいまで大きさを変えられる。

一人で観る時は40インチぐらい。皆で見る時は100インチぐらい。

と言った風に大きさを変えられるのは意外と便利。

投影面もかんたんに変えられるので寝ながら天井に投影できたりもする。

  • 持ち出しやすい

モバイルプロジェクターなんかを選べばどこにでも持っていける。

モバイルでなくともちょっと小型のプロジェクターを買えば割りと気軽に外に持ち出せる。

  • 掃除の手間が減る

テレビって実は汚れがたまる。テレビの裏とか。上の部分とか。

プロジェクターは場所も取らないし四角い箱なので掃除がしやすい。

プロジェクターのデメリット

  • 昼間に見づらいし解像度が低い

輝度や解像度は4Kテレビに比べればだいぶ低い。

特に昼間はあんまりはっきり見えない。

自分は休日の昼間は割りと活動的に過ごして夜リラックスして映画とかを見る派なのであんまり関係がないんだけれど…

むしろ昼間何も見られないから別のことをやらざるを得なくなった感はある。

解像度に関しては、自分は別にそんなに美しい映像ばかりを見るわけではない。まあ内容がわかればいいや、程度の精神性なので解像度はそんなに気にしたことがない。意外とプロジェクター購入者は解像度そんなに気にならないって口にしたりする。

  • 設置に悩む

一人暮らしで賃貸に住んでいると設置には困る。

自分は色々と工夫してみたので後述する。

 おすすめのプロジェクターも紹介しておく。
klartvann.hatenablog.com

 賃貸でのプロジェクター設置方法の提案

  • ディアウォール 

 賃貸で壁面にラックや壁掛け家具を設置するときによく使われるディアウォール。

ホームセンターでツーバイフォーの集成材とかを買ってきて専用の器具にはめて作るらしい。

この木材にプロジェクター設置用のアームをつけたり棚を設置すればいい感じになるかも。ただ自分は大変なのでやめた。

  • 突っ張りラック 

 突っ張り棒で設置するラックはディアウォールよりは簡単。

ただ1万円くらいするものが多くて、安く済ませたいならおすすめはしない。

それに設置が大変そう。

  • 洗濯ラック

 突っ張り棒形式で安く手に入れられるのは洗濯ラック。3000円位で買える。

ただ、シンプルにダサい。

リビングに洗濯物ラックあるのおかしいじゃん、って話。 

  • ワゴン 

 キッチンワゴンの上に設置すれば可動式でプロジェクターをどこにでも置けるので割と便利。斜め上方向に投影して台形補正すれば普通に見られる。

ただインテリアにこだわるならどうかな…って感じもする。洗濯ラックよりは断然マシ。

  • 無印スツール

ãç¡å° ã¹ãã¼ã«ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

無印良品のスタッキングスツールが地味に良い。傾斜がついていて斜め上に投影しやすいしめちゃめちゃ軽いので場所を変えるのも楽。

インテリアとしてもお洒落なデザインでカラーバリエーションもあるので個人的にはこれを使っている。

  • アーム

軽量なモバイルプロジェクターであればウェブカム用のデスクアームで固定できるかもしれない。まだ試していないからわからないけど、これができたら場所も取らないし可動性も高いしかなり便利だと思う。 

プロジェクターの音響について

  • プロジェクター内蔵のスピーカー

プロジェクター内蔵のスピーカーが使い物になるかどうかは機種によると思う。

物足りなければ外部スピーカーを付け足せば良い。

  • 有線小型スピーカー 

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

 

 Logicoolのスピーカーはコスパの高さがすごい。一時期持っていたけどまあ普通に良かった。値段相応の音質だけど特に不満はないって感じ。

ただ、プロジェクター周辺につけるとなると配線がごちゃついて汚く見えるので自分は使っていない。配線を上手く隠せれば大いに買いだと思う。

すっきりさを重視するならBluetoothのスピーカーの方が良い。Fire TV StickにせよChromecastにせよBluetoothでの音声出力はできるので。

スピーカーの位置を自由に変えられるのは結構便利。

自分は最初、Ankerのサウンドアミニを使っていたが、後にBoseのSoundLink Miniに乗り換えた。Bluetoothスピーカーは別にプロジェクターじゃなくても使えるので値段はそんなに気にしなかった。 

最近は音質がいいスピーカーが欲しくなってきてサウンドバーを買おうか迷っている。SONYBOSEのものを買おうか迷っていたけど、最近AnkerがSoundcore Infini Miniというサウンドバーを売り出して気になっている。割りとリーズナブルだし、音質も期待できそうなので。