風と空と暮らし

日常の些細なことを記録していきます。

一人暮らしこそプロジェクター。おすすめ5選。

一人暮らしこそプロジェクター。これが自分の信念だ。

なんで良いかというのは以下の記事にまとめてあるのでご覧いただきたい。

今回は個人的に一人暮らしに向いていると思う(そして本気で買おうと思っている)プロヘクターを5つ紹介したい。

klartvann.hatenablog.com

おすすめのプロジェクター5選

  • DBPOWER ミニプロジェクター

 自分が使っているプロジェクター。アマゾンのセールで6000円位で買った。恐らく中国のメーカー。1500ルーメン・1080Pとなっている。Youtubeの動画とかは1080Pのものが多かったりするのであんまり画質の粗さは気にならないかも。

まあ、カタログ通りのスペックなのかどうかはよくわからない。ちょっと1500ルーメンとか言う割には暗い気もする。

ただ、リモコンがあって便利に操作できたり、垂直方向のアナログな台形補正はあったりして意外と便利。

入出力の端子も多いので割りと柔軟に使える。ただ、内蔵のスピーカーが微妙なのでBluetoothスピーカーは買った。

買うかどうか凄く迷っている商品。もうコンパクトさがすごいしメタリックなボディがかっこいい。

150ルーメンなので昼間は完全にアウトだけど夜はちょうどいい。

DBPOWERのやつは1500ルーメンだけど夜明るすぎるので、かなり輝度を落として使っている。

モバイルということで、内蔵バッテリーで駆動させることもできるし、モバイルバッテリーとして使うこともできる。

かなり軽量なのでクランプで机とかに固定できる可動のアームで設置ができそうで良い。

同じ系統の製品としてはASUSのS1やLGの製品があるけど恐らくこれが一番使いやすい。

  • ANKER

 これも買うかどうか凄く迷っている商品。350mlのアルミ缶サイズレベルにコンパクト。

確かアメリカでAnkerのクラウドファンディング事業から登場した製品。

一番すごいのが、アンドロイド搭載ということ。Fire TV Stickとかをプロジェクターにつなぐと配線がごちゃつくけど、これはもう中に搭載しているので配線がすっきりしている。

しかも音響もかなりいいらしい。

BenQ DLPプロジェクター MS550 スタンダードモデル SVGA/3600lm/2.3kg/20000:1/スピーカー

BenQ DLPプロジェクター MS550 スタンダードモデル SVGA/3600lm/2.3kg/20000:1/スピーカー

 

 3万円以下で3600lm。昼でも実用に耐えるものを購入したいのであればこちらをおすすめする。 

解像度はそんなに高くないけれどコントラスト比が高いので映像はきれい。

ただし、台形補正機能がアナログな垂直方向のものだけなので、自動で水平方向の補正もしてくれる製品が欲しい人はもっと高価なものを買ったほうが良い。

ただそうなると、普通に50インチ位のテレビやディスプレイ買った方が良いのでは?ってなってくる。

正直これは無茶苦茶高い。8万くらい。

だけど単焦点のプロジェクターとしてはリーズナブル。

単焦点のプロジェクターの良いところは設置場所を選ばないところ。多分それに尽きる。自分はコンパクトさ重視でテレビはあまり買いたくないので、お金に余裕ができたら是非買いたいと思っている。

ただ、外に持ち出すのは機器の接続が大変らしいので自宅専用という感じ。