風と空と暮らし

日常の些細なことを記録していきます。

キャッシュレス化に取り組んで1年以上経ったら酸いも甘いも味わえた話。

どうしてキャッシュレス化しようかと思ったか。

キャッシュレス化を進める人の中には色んな動機を持った人がいると思う。
現金があんまり清潔ではないのでお金に触りたくない人であったり、 パンパンの財布がファッショナブルではないので小銭を減らしたい人であったり、 偽札が怖いから電子決済でしか支払わない人であったり。 スマホ依存症すぎておサイフケータイしか使えない人であったり。

自分の場合はお金がどこから入り、どのように去っていったのかを明確にする。つまり正確な家計簿がつけたくてキャッシュレス化に取り組んできた。

一人暮らしなのでしっかりお金の管理はしなければならない。だけど家計簿をつけるのはめんどくさい。家計簿アプリにカードやおサイフケータイの内容を連携させれば自動で家計簿をつけてくれる。すごく効率がいい。

キャッシュレス化は捗るけども…

やはり世の中を見渡せば自分と同じようにキャッシュレス化に取り組んでる人も多い。上述のブログでもキャッシュレス生活の感想が詳しく述べられている。

これを読むと、キャッシュレス生活に対し感じるメリットは結構共通するものがあるようだった。

まず圧倒的に財布の中身が軽くなって出かける時にすごく楽だ。自分は普段カジュアルな場面では、無印良品のトラベルウォレットを使っている。

お会計の時もお財布の中を漁って小銭を頑張って会計額合わせなくてもいいので支払いも楽だ。 コンビニなんかではクレジットカードであっても証明が不要なところが増えているのでレジの人にとってもキャッシュレスの方が会計しやすいのだろう。

ただ、まだまだ現金がなくては困るときも多い。 自動販売機や自動精算機などの無人機は カードや電子マネーを受け付けていないところは多い。

駐輪場などで打ち合わせが全くなくてわざわざ遠くのコンビニまでお金を下ろしに行ったことが何度もある。

個人がやっている飲食店なんかも カードは使えない。カード会社の手数料が結構高いので個人の店にとってはすごく負担になるのだろう。

一番困るのが「キャッシュレス3ヶ月」ブログでも紹介されているが、人付き合いの場面でどうしても割り勘する時が出てきたり、現金でのやり取りじゃないと円滑に進まない時があって、そういう時は現金が必要だなと感じていた。

今まで友達とご飯に行って何度もお金を借りている。(しっかりと返してはいますが。)

そういう意味ではまだまだこの日本社会では現金の必要性がすごく高いのだと感じた。
最近はLINE Payみたいに個人間で送金するアプリもできているけど普及率がまだまだ低いので実用的ではない。

大事なのは現金へのアクセス性と電子決済手法の分散

自分がキャッシュレス生活を送っている中ですごく大事だなと感じたのは、いかに現金をすぐに引き出せる状況にあるかということだ。

端的に言ってしまえば ATM が多い銀行に口座を持っていた方が良くて、さらに言うならばその手数料が安い方が現金へのアクセス性は高い。

自分はソニー銀行に口座を持っているがソニー銀行セブン銀行のATMやイオン銀行のATMから手数料無料で現金を引き出すことができるので少額をちょくちょく引き出すことができる。

ただこれに関しては最近の銀行の経営も大変なようで、ATM手数料に関しては値上がり傾向にあるようだ。

もう一つ大事なのはキャッシュレスの決済手法を分散させておくことだ。

カードやおサイフケータイおサイフケータイの中でもモバイルSuicananacoWAON、ID、EdyQUICPayなど様々な支払い方法があるが、そういったものをいくつか使うことによって一つダメになっても他の支払い方法で払えるようにしておくことが大事だ。

店によってはnanacoWAONが使えないお店は多いしそもそもスイカも使えず、カードしか受け付けていないお店だって多い。

いろんな支払い方法を用意しておく事によって現金があまり入らない状況を作り出せる。

あと、コンビニとかではなかなかカードを出しづらい。そういう精神的なハードルがあると思うのでおサイフケータイが凄く役に立つ。

今後電子決済が多様になると嬉しい

最近は中国のアリペイみたいにバーコード決済も増え始めている。導入コストが抑えられるし、そういった決済手法が多様化し、競争することで手数料も安価になり、より普及していくのではないだろうか。