風と空と暮らし

日常の些細なことを記録していきます。

2019年モデルのフジ、ラフィスタに少しがっかり…

おしゃれクロスバイクといえばビアンキやジオス、ルイガノなどであるがフジも忘れてはならない。

個人的にはフジのパレットの色使いはとても好きで、 毎年エッジの効いた色味のモデルを出してくるので楽しみにしてきた。

最近気になっていたのはフジのクロスバイク、ラフィスタだ。2018年のラフィスタはバイカラーモデルになっておりアーバンカーキなどは最高にかっこいい色だった。

かっこいいか、かっこよくないかというのは個人の好みが出ると思うが、ラフィスタはフレームの形状も良く、非常に都会的なクロスバイクだなという印象を受けていた。

しかし2019年のラフィスタは大分方向性を変えたように見える。

もしかすると原点回帰なのかもしれないが…

カラーバリエーションはマットブラックとカーキのみ。どちらも地味めなデザインだ。

元々ラフィスタは太めのタイヤを履いているので若干マウンテンバイク寄りのクロスバイクではあったが、2019年はさらにマウンテンバイク的な無骨さを強調しているように見える。

結構疑問だったのがなぜかブレーキがディスクブレーキの仕様になっていることだ。

本当にマウンテンバイクとして利用するならまだしも、ラフィスタは割と街乗りの需要があったと思う。

わざわざディスクブレーキにしなくても V ブレーキで十分じゃなかったんだろうか。

もしかしてリムにカラーを付けたかったからもしれない。最近リムに色を付けてるモデルは多い。

色味もちょっと地味すぎて個人的には好みで無くなってしまった。

デザイン的には数あるクロスバイクの一つとなってしまい、オリジナリティーが 失われたようにも見えてしまう。

クロスバイクをすごく知っている人からしたらもしかすると魅力的なモデル、 あるいは妥当なモデルチェンジなのかもしれないが、個人的にはデザインをすごく重視しているので残念な結果になってしまった。