これからの暮らし研究所

日常の些細なことを記録していきます。

ASUS VivoBook S13 を一か月使った感想

先日、「ASUS VivoBook S13」を購入した。

カラーはローズゴールド。

NTT-X Store で購入した。

価格は59,900円。その時はクーポンみたいなものを使ったので現在はもっと高いかもしれない。さらに言うとdポイントが10パーセント分付いたので実質54000円くらいだろうか。

もともとはベゼルレスの(=画面占有率の高い)ノートパソコンが欲しくて、「VivoBook S13」を購入するか、「ZenBook 14」を購入するか迷っていた。

「ZenBook 14」はその時点で約12万円。価格的には倍以上する。

ただ、質感は圧倒的に「ZenBook 14」の方が良かったし、Core-i5、外部GPU付というのも良いな~と思っていた。

メインの用途はワードやパワポなので、「VivoBook S13」のCore-i3でも不足はないのだが、定期的にPhotoshopillustratorを使用したりするので、そういう意味では「VivoBook S13」は魅力的だった。

さて、「VivoBook S13」に関して。やはり購入の決め手はベゼルレスな見た目とリーズナブルなお値段だ。スペック的にもベンチマークスコア5000台と中堅的。1.2㎏程度で充電も良く持つなどバランスの取れたスペックだ。インカメラが無いが、自分は歴代のノートPCでインカメラを一回も使ったことがないので全く気にならなかった。

ちょっと気になってたのが本体のサイドがホワイトの樹脂感が溢れる仕上げになってること。最初は安っぽくてちょっとダサいと思っていたが、使用しているうちに気にならなくなった。まあそんなものだろう。

f:id:klartvann:20190211111514p:plainf:id:klartvann:20190211111648p:plain

ASUS HP より

https://www.asus.com/jp/Laptops/ASUS-VivoBook-S13-S330UA/gallery/

地味にめちゃめちゃ便利なのが、指紋認証。今どきのスマホなんかは全部指紋認証付きだが、ノートPCで5~6万円台のものに指紋認証がついているのは珍しい気がする。使おうと思ったときに一瞬で立ち上げられるのは想像以上に便利だ。

パワポやワードを使う上では何ら問題なく使えている。グーグルクロームやグーグルアースなんかも滞りなく動く。先日GIMPを軽く使ったが問題なく使えた。鍵打感は、まあ普通という感じだろう。比較対象がそんなにないので何とも言えないが、自分はまともに打てればいい人なのでそこらへんは気にならない。

エルゴリフトヒンジという謎の構造が採用されているが、それの恩恵はよくわからない。きっと排熱がうまくいってるのだろう。

結論としては、5.5万円位でこれだけ快適に使えるノートPCが手に入ったのはよかったと思う、という感じだろうか。